PR

ライブ配信プレーヤーはホームに移動しました。

  • スティッカムの会員であれば、ホームは無料で開設できます。
  • ホームとは動画販売・有料ブログ・ファンクラブ・オンラインスクールなどを簡単に作成して公開できるプラットフォームです。詳しくはスティッカムホームとはをご覧ください。

EMERALDSさんはまだホームを開設していません。
リクエストボタンでEMERALDSさんにホームの開設をリクエストしましょう。

ライブ配信プレーヤーはホームに移動しました。
まだホームを開設していない方は今すぐホームを開設してライブを配信しましょう。

あなたのホームを開設する(無料)


メッセージ

2002年結成。2004年、アメリカで開かれる世界最大級のロックフェスティバル“SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)”のオーディションを通過し、以降4年連続参戦。 そのステージは、地元のメディアや、あのRolling Stone誌に取り上げられるほどの、大きな熱狂を生み出した。 2005年、春・秋の全米ツアーも成功し、渡米後初のCDもリリース。そして、2006年もELLEGARDEN、PE’Z、STANCE PUNKS、RODEO CARBURETTOR、つしまみれとともにSXSWに3年連続参戦し、さらに全米11箇所のツアーを敢行。2007年は、カナダのトロントで行われるCanadian Music Weekにも参加し、ボストン、ニューヨーク、フィラデルフィア、シカゴ、オースティンとツアーを敢行。 ボストンNEMO MUSIC FESTIVALおよびニューヨークでの1日2公演"GOD SPEED TOUR"、韓国で2万人のオーディエンスを集めて行われるSSAMZIE SOUND FESTIVAL、大阪ミナミホイールの翌日に新横浜、といった移動距離の長いイベントにほぼ勢いで参戦。「FROM YOKOHAMA JAPAN!! WE ARE THE EMERALDS!!」と連呼し、濃ゆいパフォーマンスを披露。 カタナのようにキレ味鋭い演奏にのせて、マシンガンのように繰り出される歌。そしてそのエンターテイメント性にあふれるパフォーマンスから、“世界の恋人”と称されるTHE EMERALDS。 撃ち放たれた愛の歌は、いまや世界中へと拡がりはじめている。

コメント

コメントを書く

EMERALDSさんに一言

プロフィール

EMERALDS
名前:
EMERALDS
性別:
男性
カテゴリ:
ノンカテゴリ
閲覧数:
2,497
登録日:
2007/04/26
お気に入り登録者数:
0
最終ログイン:
2週間以上
自己紹介:
KAZUYA(Guitar & Vocal)
THE EMERALDSのリーダー。
100年後の未来からやって来た時をかけるロックンローラー。グラムロックとパンクを愛するロマンティスト、いつだって片想い、THE EMERALDSのファッションリーダーでもある。

Osuke(Bass)
ピアノを10年間習ったが発表会用の半ズボンが似合わなかったのでピアニストを断念。バンド活動を開始。様々なバンド、パート、酒屋のバイトを経て、THE EMERALDS加入。よく叫ぶ。

AKIO(Drum)
ハードロックからファンクまで様々なジャンルを経験後、
THE EMERALDS加入。その思いやりゆえにTHE EMERALDSの裏番。



パーソナルタグ:
theemeraldssxswrock
PR

配信予定

現在、配信予定は登録されていません。予定を登録

お友達(2)

一覧へ

PR