ef

画像をクリックすると記事に追加できます。


*出力
映像ビットレート 200(最低値)
音声ビットレート 96

*映像
基本 キャンバス解像度 1280x720
出力スケーリング解像度 852x480

これは富士通の古いCore2DUOノートパソコンで、OBSをデフォルト設定値で走らせた時に3分で落ちるので編み出した策ですw
が、結局Window10が使えているフジの重量級ノートでOBSだけが使えませんでした。落ちるどころかNETまで切断してしまうのでwww

他のPCではデフォルトの大容量データ配信で何事もなく使えていますが、意味もなく配信データを大きくする必要も無いでしょう。
大体ですねえ、外見でもグルグルが出て配信が止まる傾向にあるのはそういう無意味大容量データを無自覚に配信している連中が多いからじゃぁーないのですかあー?(モグロフクゾウ風にw)
さて、
以上の設定ではパーセコンドkbを300以下に削減でき。さらにCorei5 PCではCPU稼働率10%程度に抑えられました。
OBS配信、もっともおーっとコンパクトにしたいですよねえー。

とゆうわけで、以上の設定で問題無いようならこれで行こうかなと、かよーに思う次第なのでありますがいかがなものでございましょうか。

長い間 BEATLES しか歌わなかったけど、最近はそうでもなくなって来たのに、今度は歌う気もしなくなってきたなあw
歌というのは元気でないと歌う気がしないとは思いませんか?
調べてみると、「ステレオミキサー」という機能があったわけです。
ところが、そういう機能のないPCもあるわけで、、、と考えていると。
何と「もうステレオミキサーも要らない。ソフトでできるのだよー」というブログに行き着いたわけですね。それがOBSでした。

でも面倒くさそうだからリバーブの掛けられる簡易なボーカルミキサーがいいんだけどなあ、、というわけでアマゾンでそうゆーハードを買ったわけですよ。はい。
簡易ではないミキサーは持ってますがねw 
つまり、わずかなリバーブを掛けるために大げさで炬燵のように熱くなるミキサーなんて無駄じゃないの? としか思えなかったわけです。今日はここまでw(続く)
さて、ポケットWifiでネットをするという足かせつけられたような状態ももう1年半過ぎました。
ふうー。。。

もう二度と、もーう2、度、と。7GB制限でしかも3日間1G縛りの上、2年単位契約などというサイテーな機器は契約しませんからねっ。

というわけで悪代官ポケWiの解約も近いことだし、NTT電話回線復活させてしまいました。しかしADSLは未だ契約しとらん。
タッチの差でもっと格安なデータ通信サービスが始まるかもしれないしね。まあギリまでは待ちますつもりですよ。はい。
これもKDDIが突然「ADSLサービスを辞める」という決定のせいだよしかし。
はらたつよしかし。
色々代替を考えたけど、やはりNTTに戻してADSLでインターネットすることにした。
制限にびくつかずにできるし安いしね。
そんな人たちはチャットライブ配信が若者だけのものだと勝手に思っているらしいが、わがもの顔でやってる連中だって実は若くもない。けっこうなオッサンだったりするよw
あのさ。
年寄りだってDAWはするしペインターやフォトショ使うし、ロックは歌うし、ライブチャットもするのさ。そんなにめずらしいかねーしかし。
あほらしい。排他意識の強い所だよ。
とりあえずアーカイブに歌う気があった頃のw テストVをアップしています。が…
アップ映像について、「コーデックは映像H264・音声AACです。」とかいう
訳の分からん注文書きがあってですね、何ですかね?これは?
意味わかんねーっすよーw ぐぐる気もしませんよ。はい
おまけに縦横サイズを偶数でとか、、そんなのどうやって設定するわけなの?しかし。
…あー~あっと。相変わらず手こずりステカムシステムですなぁ。
誰も待ってないって? あそ。
ま。やる気が急速に失せてしまっただけでした。
原因は自分の声質がいまいち気に入らない、、ということが判明したのですw
テストV作りのおかげですね。さんきゅーそまっち。