WF2019(夏) デジタル原型ステージ 講演1 ZBrushとCLOが広げるデジタルファッションデザインの世界


登壇:高村是州(文化学園大学 服装学部)、笛木愛美(ユカアンドアルファ・CLOインストラクター

「ZBrushで作ったフィギュアの3Dデータを使ってコスプレの服が作れる」。そんな来るべき時代について紹介します。服は、 2D(絵)を元にパターン(服の原型)を作って縫製します。しかし絵と実物は2Dと3Dというギャップのおかげで、イメージどおりの 物をつくるのが大変です。そこで「ZBrush」と「CLO」を使って新たな提案。個人製作からアパレルメーカーの量産まで、衣服製作 の可能性についてお話しします。