@okitom

登録日: 2008年03月28日
Peace in the pacifism world 只今、Sticam内放浪中です。 画面の下のカメラマークをクリックしてごゆっくり写真を見て行って下さい。 ご訪問下さり有難う御座いました。 カメラ、マイクの準備が出来ておりませんので、チャットは不定期,不規則です。 ご了承下さい。 迷惑な書き込みや、迷惑メールでお困りの方は→迷惑メールの情報提供については、 財団法人日本データ通信協会( http://www.dekyo.or.jp/ ) http://www.dekyo.or.jp/soudan/onegai.htm 財団法人日本産業協会( http://www.nissankyo.or.jp/ ) http://www.nissankyo.or.jp/tpc/tp108.html で受け付けておりますので、よろしければそちらのほうへご通報ください。 または、お住まいの地域の警察署、警察本部でも相談等受け付けております。 沖縄返還密約で政府がついた嘘と犯罪 「うそつきは泥棒の始まり」というが。 政府は、いつまで国民にうそをつき、だまし続けるつもりなのだろうか。 沖縄返還交渉の際に、日米が交わした財政負担に関する秘密文書、沖縄返還「密約」とも呼ばれている。 本来、協定上も米国が負担すべき返還軍用地の原状回復費用400万ドルを 日本側が肩代わりした事実を示す文書をはじめ、支払うべき根拠のない米施設の移設費用の負担など、 国民の血税を不当に支出した「犯罪的行為」を裏付ける文書などだ。 「密約」の存在は1972年の沖縄返還時に毎日新聞記者の西山太吉さんが情報を入手し、国会でも取り上げられた。 しかし、当時、政府は密約の存在を否定。 その後も、情報開示を求める市民の要請を拒み続けてきた。 だが、そんな日本政府の対応とは裏腹に、密約を結んだ相手国である米国は 1994年に大統領令で秘密指定を解除し、すでに当該文書を情報公開している。 開示された文書の一部は沖縄県公文書館でも開示されている。 もっと言えば、密約を結んだ当事者である元外務省高官の吉野文六氏が、 2006年に自ら報道機関や研究者に事実を告白し、密約の存在も認めている。 それでも、日本政府は当該文書の開示請求に「保有していない」「不存在」として拒み続けている。 日本は、いまも国内に駐留する米軍の駐留経費を負担し、 日米地位協定上も米軍が負担すべき経費を「思いやり予算」として肩代わりを続けている。 普天間基地の名護市辺野古への移転、米海兵隊の一部のグアム移転など、 米軍再編のための費用も負担することになっている。 「この巨額の財政負担の源流は、沖縄返還交渉中に日米間で交わされた密約にある」との指摘もある。 「国民にうそをつく政府は、憲法を否定、いつか滅びる」 「国民が主権者であることを確認するために」市民や研究者、ジャーナリストらが 「沖縄返還密約」の開示を国に求め、東京地裁に提訴した。 政府が「密約」を否定する理由は何か。 よもや国民の血税を盗み、米国に貢いだ事実を隠ぺいし続けるためではないだろう。 裁判は日本の民主主義の「実相」を問うものだ。 政府は事実を開示し、きっちりと説明してほしい。 官僚主導で進められた「沖縄返還密約」の裏に、更なる「密約」が有るのではと疑いたくなる。