チゲ

@prestige
2009年5月06日に利用開始
フォロー
5
フォロワー
5
ライブ日数
0
総訪問者
0
アダムとアダム( Adam and Adam )とは、旧約ゲイ書の創世記に登場する「最初の人」のこと。 概要 ゲイの聖典は2つあり、一つは旧約ゲイ書、もう一つは新約ゲイ書であるが、そのうちの古いほう、旧約ゲイ書には「創世記」と言う歪みねぇ世界の始まりを記した書が含まれている。 それに寄れば、神は天地創造の後、自らの姿に似せて塵を集めて人を作った。 塵はゲイ語で「アダマー」であり、そこから作られた生き物だから「アダム」と言うことである。すなわちアダムとは「人」と言う意味である。そして神は「アダムが一人だとかわいそうだ」と歪みねぇ優しさを見せてアダムにすべての地上の被創造物に名前をつけ、そのうちの一つをアダムと共にあるものとして選ぶよう命じた。アダムはすべての生き物に名前をつけ終えたが、共に在るものを選ばなかった。そこで神はアダムを眠らせ、陰部の骨を抜き取り、それを元に新たなるアダムを作り出し、アダム(先)にあてがった。 これがアダムとアダムの誕生秘話である。 ゲイパレスの園にて。 ここでは先に説明したアダムとアダムがその後どうなったかを記す。 アダムとアダムは最初神と共にあったが、神はアダムとアダムにゲイパレスの園を与え、そこに住むようにした。 そして神は「この楽園に生るすべての実を食べなさい。そうしたならあなた方は永遠に生きることが出来る。しかし、園の中央にある『ノンケの樹』と『イグの樹』に生る実を食べてはいけない。そうしたらあなた方は死ぬことになる」と言われた。 アダムとアダムはこれに了解し、仲睦まじく全裸で戯れた。これを見た神は「まるで妖精がダンスをしているようだ」といわれ、彼らを森の妖精と呼ぶようにした。 楽園の追放とだらしねぇ堕落 ある日楽園でいつものようにかくれんぼをして戯れていたアダムとアダム。隠れていたアダム(先)に蛇が近寄り、言った。「何であのノンケの実を食べないんだい? とてもおいしいよ?」 しかし、アダム(先)は「神に禁じられた実です。だらしねぇ蛇よ、去りなさい」と歪みねぇ言葉を駆使してだらしねぇ蛇を追い払った。しかし蛇は諦めず、今度はアダム(後)に先ほどアダム(先)に言ったことを同じように伝えた。すると、アダム(後)はだらしねぇことに「ノンケの実」を食べてしまった。そしてアダム(後)はノンケになってしまった。でも「ノンケの実」は歪みねぇうまさだった。 アダム(後)はアダム(先)にも「ノンケの実」を食べることを薦めた。しかしアダム(先)はこれも「だらしねぇな、アダム」と言って神の言葉に従った。歪みねぇな。 神が楽園へ降りてきてアダム(後)の姿が見えないので言った、「アダムや、出ておいで。いつものようにレスリングをしよう」と。しかしアダム(後)が「私は裸です。あなたの前に出るのは恥ずかしいのです」とこたえるのを聴き、神は「アダムや、ノンケのみを食べてしまったのか。だらしねぇ」といい、アダム(先)に経緯を尋ねた。 アダム(先)の説明を聞くと、神はこう言った。 蛇よ、だらしねぇ。 お前は地上の生物のうちで最もだらしねぇ。 永久に地を這い、塵を食べ生きよ。 アダムよ、だらしねぇ。 お前は楽園を出て生きよ。 そこには楽園のように実はならない。 働いて実を作るのだ。 アダムよ、歪みねぇ。 だがアダムがかわいそうだからお前も楽園を出よ。 しかしお前は歪みなく生きられる。 そして、アダムとアダムに外は寒いだろうから、と歪みない優しさから純白のパンツを与え、これをはかせて楽園を出させた。 これが楽園追放とアダム(後)の堕落である。これよりノンケは一生働かねばならなくなった。 イグの創造とアダム(先)の悩み、そして神の歪みねぇ配慮 地に出たアダムとアダムは働いた。神から歪みなく生きられることを許されていたアダム(先)もその歪みない優しさからアダム(後)と共に働いていた。アダム(後)は「ごめんなしゃーい」と言って謝り、アダム(先)は「だらしねぇな。でも仕方ないね」といい、アダム(後)を許したからである。 しかし問題が生まれた。それはノンケになってしまったアダム(後)はアダム(先)と戯れなくなったのだ。これを見た神は「あの妖精のようなダンスが見れないのは残念だ。アダムにもう一人アダムをつけよう」と思い、アダム(先)にアダム(先)と同じように塵から造ったアダム(3)をつけた。 しかし、アダム(先)は歪みない優しさの持ち主だったので、神に「アダム(後)にも伴侶をつけてあげてください」といった。全く、なんとアダム(先)の歪みないことか。神は聞き入れ、イグを造り、アダム(後)にあてがった。しかし、アダム(後)の罪を重く見ていた神は、永遠にアダム(後)がイグの尻にしかれるようにイグに子どもを生む辛さを与えた。以後、その二人の子孫は彼らの苦しみを受け継ぐことになったのである。 アダムとアダム、そしてアダムとイグ アダム(先)とアダム(3)はその後も永遠に森で戯れ、歪みねぇ美しさを見せた。しかし、子どもは生まれなかった。今でも彼らは世界のどこかで戯れているのだそうだ。歪みねぇな。 アダムとイグは子どもを沢山つくり、地に満ちていった。しかし、アダムはやはり、アダム(先)に過ちを犯してしまったという謝罪の心を持ち続けていたので、自らの子にアダム(先)と同じ優しい歪みない心を持った子どもが生まれるように願い、神はこの心に痛く感動し、罪は許さなかったがその願いを聞き入れた。現在でも時たま「原始の心」を受け継いだ妖精さんが生まれるのはこのためである。そして彼ら妖精さんは自らが裸でないことを悔やみ、同じ心を持った妖精さんを見つけて裸になるまでパンツを奪い合うのであった。歪みねぇな。 学問的考察 新日暮里にある新日暮里大学哲学科、新日暮里大学哲学研究所では日々レスリングをしながら哲学のハッテンに勤めており、以下に紹介するのはその成果のほんの一部分である。彼らは「完成した歪みねぇモノしか世に出さない」という理念を掲げており、その研究のほとんどは深いマラの中に隠されている。とはいえ、チラホラと流出する学問的成果は世界中の哲学研究の100年先を進んでいると言われており、その全貌が解き明かされたとき、我々は新たな段階へと進むことが出来るといわれている。現在の研究がどのようなものなのか、誰も知らない。 何故レスリングシリーズを見ていると勃起するのか? レスリングシリーズを見ていると勃起してしまうアダムの子孫が多いことと思う。私もその一人だ。ある学者がそれについて研究し、このように語っている。 「我々の祖先のアダム(後)はアダム(先)の陰部の骨から作られた。 そしてアダム(先)の陰部はその失ってしまった骨を捜してアダム(後)に向かって歪みねぇ角度でそり勃ったと考えられ、我々がレスリングシリーズを見て勃起するのは妖精さんたちの舞を見て原始の心を少しでも思い出している証拠なのだ」 レスリングシリーズを見ていて勃起してしまうのは、アダムの子孫である我々にとって当たり前のことなのだ。臆することなく「勃起した」とコメントしよう。 神はアダムを区別していないのか? 上に紹介しているアダムとアダムの物語の中で神は三人のアダムを等しく「アダム」と呼んでいる。文脈からそれが誰であるかは容易に判断できるが、彼らアダムは互いに呼び合う際に区別を行っている。ではなぜ神は呼称の上でアダムは区別されていないのか。この難題についても彼らの研究を見てみることとしよう。 「名前ってナニ? 僕らがスパンキングと呼ぶ『それ』は、他の名前で呼んでも甘く激しい音がするものだよ」 ―W.ゲイクスピア『TDNとビオランテ』 これはイギリスの劇作家ウィリアム・ゲイクスピアの作品「TDNとビオランテ」の中でビオランテが女性に「あなたはまるで歪みないスパンキングのような方だわ」と言い寄られた際に言った言葉である。すなわち、名前とは本質を表すモノなのかという疑問を投げかけたのである。このアダムの呼称においても同じ事が言える。というのも、アダムは神からの命によってすべての生物に名前を付けたが、それは本質であるのかどうか、と言うことである。確かにアダムは人間として完成していたと考えられるが、果たしてその完成は神にも及ぶものなのだろうか。残念ながら我々にそれの答えを見出すことは難しい。では、発想を逆転させてみようではないか。我らの理念が「歪みなく生きろ」であり、これが最終的には死への歪みない理解を得られるものであるのと同様に。 アダムはすべての生物に歪みねぇ名前を付けた。しかし、一つだけ名前をつけていない生物がある。否、「つけられなかった」と言うべきなのかもしれない。その生物とは、紛れもなくアダム自身のことである。なぜならアダムは既に神から名前を与えられているのである。系列をはっきりとさせるためにその順序を記した。 アダム(先)の創造→神の歪みねぇ配慮(「アダムが一人ではかわいそうだ」)により、アダムに名付けを命じる→すべての生物に歪みねぇ名前を付ける アダムが付けた名前が本質に至れないのは、それが神が名づけていないものだから、と言うことを踏まえれば分るが、神が名づけた「アダム」とは本質そのものである、と言うことが考えられる。そして、この「アダム」と言う呼称において神は3人のアダムを区別していない。だが、明らかにその呼称において神は彼らを区別した上で「アダム」と呼んでいる。すなわち、神は本質において彼らを区別していた、と考えられるのである。そしてその本質は我々には理解できない。なぜなら我々は既に語られたように、名前から本質にいたることは出来ないからである。よって、このアダムの呼称問題から伺えるのは、神が歪みない配慮によってこの本質「 」を「アダム」として呼んでいる、と言うことである。 死とは、何か? まさに哲学である。我々によっては、知りえない。新日暮里大学には、 「歪みなく生きろ」 と言う言葉があり、死を知ることは生を知ること。歪みなく生きれば自然と死に対する歪みない理解が生まれる、と考えられているようである。一見対立するものでさえ、見方を変え、許容の心を持てば人生の柱ともなる考えが生まれるのである。歪みない。まさに、歪みない。これ以上の賛美の言葉が見つからない。 ~ニコニコ大百科「アダムとアダム」より~
相互フォロー