旅の本屋 大陸堂

@tairikudo
2007年12月23日に利用開始
フォロー
2
フォロワー
2
ライブ日数
0
総訪問者
0
旅の本を取り扱うインターネットの古本屋です。 旅行記に加え、旅先にも持って行きやすい文庫・新書を多数揃えております。旅先で気になった事柄・調べたくなった事柄を調べられるような人文関係の本・読むだけで旅した気分になれる紀行本をたくさん揃えたいと思っています。「旅の本なら大陸堂で探そう」と言われるような旅本のセレクトショップを目指します。旅に出る前に「大陸堂」で持っていく本を探し、旅から帰ってきたら「大陸堂」で復習をする。そんな店を作っていきたいです。i-podなどの出現で、長期旅行に出る時たくさんの音楽をどう持ち歩くかはある程度答えが出ました。「それなら本は?」と考えた時、まだ答えは出ていないと思います。読み飽きない旅本・何度でも繰り返し読める本。その答えを「大陸堂」で模索していきたいと思います。現在は手っ取り早く全国のお客様に対応できるという意味合いでアマゾンに出品中。この後うまく行くようならウェブサイト開設→リアル店舗開店なんて方向に進めたいと思います。 江戸時代における「本屋」とは自分で制作・印刷・流通・小売までを担う業者を指しました。旅に関する森羅万象の事項を書き、印刷し、流通させ、販売する現代の旅の「本屋」に将来なりたいとも思っています。巨人・大鵬・玉子焼きのような全員に受ける物がある時代ではありません。「旅」に関わる事項で世の中に局地戦・ゲリラ戦をしかけていこうと思います。 「大陸堂」という屋号について。 この屋号は一人で飯を食っている時に発作的に思いつきました。 1.「大陸」という言葉が「旅」のイメージにつながる 2.本屋をやるなら「○○堂」という名前を付けたかった 3.フィギュアメーカー「海洋堂」の逆バージョン。売上も「海洋堂」と「大陸堂」で7:3ぐらいになったらいいなという夢を込めて という3つの意味があります。「名前を付ける」という行為が極めて苦手な私が考えた苦心の屋号です。早目に商標登録しておかねば。 本業は出版流通の仕事をするサラリーマンです。 最近東京から大阪に引っ越してきました。 大阪の北部で泥臭い本屋修行をやっております。 大阪のおもろいレポートをいろいろやっていきます。 ご愛顧のほど宜しくお願い致します。
相互フォロー