tinggumeili

購読することでtinggumeiliさんを応援することができます。

定期購読する ¥540(税込) 定期購読する ¥540(税込)

ライブ配信番組表

まだ配信予定が登録されていません。
tinggumeiliさんにライブ配信をリクエストしよう!

リクエストありがとうございます。tinggumeiliさんにお知らせしておきますね!

ライブの通知を受け取ろう!

  1. デスクトップ通知アプリをインストールすればパソコンで通知が受け取れます

画像をクリックすると記事に追加できます。



今喫煙者の間で話題となっている電子タバコ。世界的に展開されている電子タバコですが、日本でも様々なメーカーが電子タバコを出しています。VAPE本体にヒートスティックを差し込むことで使えます。そんな電子タバコですが、喫煙者が気になるのはニコチン量でしょう。
http://www.warmvape.com/
今回は電子タバコのニコチン量をまとめました。タバコにはニコチンが含まれており、このニコチンの依存性が高いために禁煙が難しいものとなっているのです。電子タバコは従来の葉タバコと比較すると、有害物質が90%もカットされています。

そのため、禁煙を目的にぺいブ(VAPE)を使う人もいますが、ニコチン量で満足できなければ、禁煙を達成することも難しいでしょう。では、電子タバコのニコチン量は、一体どのくらいなのでしょうか?
http://www.warmvape.com/e-cigarette/c-1.html
ぺいブ(VAPE)に含まれているニコチン量は、公式発表で1mg~5mgの葉タバコと同等とされています。葉タバコは5mgのものを吸っているという喫煙者も多いでしょうから、そう考えると満足度が劣ってしまうということもなさそうです。

葉タバコと電子タバコの違いは様々あります。そもそも見た目が全くの別物なので、電子タバコをタバコだとは思わない人も多くいます。しかし、注目すべき違いは見た目などではなく、健康への被害の大きさです。

葉タバコは、タバコの先端に火をつけます。そうすることでタバコの葉が燃えて煙が発生し、それを吸い込みます。それに対して電子タバコは、本体にヒートスティックをセットします。ヒートスティックにもタバコの葉が含まれていますが、電子タバコの場合は火ではなく電気で加熱します。そのため、煙ではなく水蒸気が発生します。
http://www.warmvape.com/e-cigarette/p-12.html
ここにどのような違いがあるのか?タバコにおける健康被害の原因は"タール"です。タールは主にタバコの葉が燃える時に発生するものです。つまり、電子タバコではタバコの葉を燃やすわけではないため、タールの発生も抑えられるということです。このことから、電子タバコは従来の葉タバコと比較して有害物質を90%カットしていると言えるのです。葉タバコと比較すると健康被害が少ない電子タバコ。

しかし、コンビニでは本体の売り切れが目立ちますので、手に入らない可能性もあります。[WARM VAPE]通販でも安い価格ですので、購入出来ますが電子タバコユーザー数も増えているのは間違いないので、これから価格が高くなる可能性もあります。
http:/www.warmvape.com/blog-1.html